各委員会長挨拶

総務広報委員会 委員長 渋江朋博

 私達青年部は、豊かで住みよい郷土づくりに貢献する組織として活動しております。そしてこれらを実現する為、日々研鑽を積みながら仲間を作り、地域に対する情熱を発信しております。青年部会員全員がその一員として自ら為すべきことを主体的に考え行動し、青年部という組織と共に成長していかなければなりません。

 総務広報委員会は、組織運営の要であり、最高の意思決定機関である年2回の総会を担当します。1年間の円滑な事業運営を行う為の重要な役割を担うことになりますが、皆様のご協力を無くして成功はありません。ぜひ、お力をお貸し頂きたいと思います。

 また、広報を担う委員会として、日本一の芋煮会フェスティバルを始めとした全国に誇れる事業を行っている山形商工会議所青年部の活動を積極的に市内外へと情報発信していきたいと思います。PR下手と言われる山形人の意識を改革し、青年部が自らの活動を発信することにより我々の郷土山形をアピールしていきたいと思います。

 参加して楽しいそして各々が成長できる委員会を目指し活動をしていきたいと思いますので、1年間よろしくお願い申し上げます。


交流委員会 委員長 榎森慶成

 交流委員会は、『はながさ食フェスタ』、『モンテディオフラッグタウン』等、委員会としての活動は勿論のこと、青年部の一大イベント『日本一の芋煮会フェスィテバル』や、通常例会、その他の活動にも積極的に参加し、地域の経済的発展に貢献できるよう、自ら考え行動する委員会を目指します。

 それら活動を通し、青年部メンバー内でのコミュニケーションの促進、またOBや他団体などとも交流を図り、親睦を深める役割を担って参ります。

 青年部の一員として過ごせる時間は限られており、同じ時期に同じ時間を共有できる仲間はとても貴重でかけがえのないものです。

 また、青年部活動において繋がる様々な方とのご縁は、一生の宝物になると思います。

 交流の機会を持つことによって、可能性は無限に広がり、相手を知ることが自分自身を理解することにもなり、ひいては地域の経済的発展の支えになることに繋がって行くのではないかと考えます。

 委員会の枠にとらわれず、同じ青年部の仲間として切磋琢磨し合いながら、「今しかできないことを精一杯やる」、そして「やるなら楽しく」ということ常に心掛け、誠心誠意努力させていただきますので、一年間、何卒宜しくお願い申し上げます。


研修委員会 委員長 長沢太一

 私は平成26年11月から入会させて頂きまして会員拡大研修委員会、パイオニア委員会で活動して参りました。その中で「夏コン」を2回運営に携わることが出来まして、素晴らしい経験をさせて頂きました。企画から運営まで青年部の仲間と様々なアイディアを出し合い議論を重ね、カップル成立が出来た時の喜びは何にも代えがたいものがありました。又、活動の中で人間関係構築の大切さや、新たな事業を創り上げた自信など多くの学びと成長があったと思います。

 「夏コン」においては、今回時期を秋に変えて「婚活事業」として継続して参ります。

 平成29年度において研修委員会の事業は、「婚活事業」と山形商工会議所120周年事業が主となり非常にやりがいのある充実した1年になるかと思われます。この大事な事業を成功させる為にも委員会のメンバーを始め青年部のメンバーとの絆をより深め、強いリーダーシップを発揮していくように精進して参ります。

 最後になりますが研修委員会として、様々な活動を通じて人間力を磨き自己研鑚に努めることなど、青年経済人としての資質向上、人格形成、知識向上を皆様と共に学び成長していきたいと考えております。また、青年部活動は学びの場としてだけでなく、人と人との出会いの場としても重要な役割を果たしております。皆様と共に協力し支えあいながら、人間関係を築いていきたいと思います。

 活気があり楽しく学べる活動になるよう運営していきますので1年間宜しくお願い致します。


日本一の芋煮特別委員会 実行委員長 高橋竜彦

 日本一の芋煮会フェスティバルも来年、いよいよ29回目を迎えることとなりました。第30回の記念大会前の年という捉え方もあるかと思います。が、私自身は長年試行錯誤を積み重ねてきた芋煮会フェスティバルを第30回へ最後に「つなぐ」年ととらえています。

 積み上げてこられた先人たちの並々ならぬ想いと、数々の応援してくださる皆さんの期待に応えられるような日本一の芋煮会フェスティバル運営を意識しながら、安心安全は当たり前。第29回だからこそ出来る新たなアイディアとワクワクを共感できるフェスティバルにしたいと思っています。プレッシャーは当然感じますが、自分も含め、一緒に活動してくれるメンバー同士、お互いに支え合い成功実現できる委員会組織を目指し、最後には笑顔で語りあい、生涯の仲間を作れるような関係を築ければと願います。

 第29回目は今年まで重ねてきた事業を継承しつつ、新たな企画を考えております。

 1つ目は、今年度は平成29年であり、芋煮会フェスティバルは第29回でもあることから、「山形肉(29)まつり(仮)」を考えております。全国に自慢できる山形県の食肉、まだメジャーでない食肉など山形にはおいしいお肉が沢山あります。それらを当日一堂に堪能できるような企画で、山形の食自慢を全国にPRしたいと考えています。

 2つ目は、「ありがとう2代目鍋太郎」です。第30回へ向けての3代目大鍋プロジェクトはご存知かと思います。しかし、忘れがちですが、現在の2代目鍋太郎が平成4年から使用されてきた事。前回で25回使用してきた事。

 今年は、長年の時代の流れや数々の苦労と経験を一緒に歩んできた2代目鍋太郎の晴れ姿の最後の年になります。物に溢れた現在ですが、このように山形芋煮を全国区に押し上げた立役者への感謝と敬意を表現し、物の大切さやありがたみを皆さんで行うことで、当日の会場の一体感と今後新たな歴史を作るであろう3代目大鍋の一助になるのではないかと思っています。食を通じての「賑わい」と「感謝」。そして未来の子供たちへの「伝承」。まさしく日本一の芋煮会フェスティバルの根底であると思っております。

 最後になりますが、自身の経験不足と頼りなさは多いに感じております。しかし、自分らしく考え表現し進めていくことが、らしさでもあると思いますし、自身へのリーダーシップの勉強だと思っております。まずは自分らしく来年を表現し、情熱を持って、皆さんと一緒に感動出来る一年にしたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。