鍋太郎の圧倒的なスケール!

毎年9月に日本一の芋煮会フェスティバルで3万食もの山形芋煮を作り続けてきた鍋太郎。

その「3万食」という、一般家庭や行事などでは想像もつかない、膨大な配食数が作られる鍋太郎の圧倒的なスケールを、日頃展示されているモニュメントから会場へ移動・設置・調理と各場面に合わせてご紹介します。

クレーンを使っての移動
クレーンを使っての移動
調理にもクレーンを使用
調理にもクレーンを使用
バックホーを使った調理
バックホーを使った調理
イベント終了後の撤去の様子
イベント終了後の撤去の様子 1
イベント終了後の撤去の様子
イベント終了後の撤去の様子 2
クレーンで運搬する大鍋

大鍋「鍋太郎」の仕様比較

  初代 鍋太郎 二代目 鍋太郎 三代目 鍋太郎
大きさ(直径) 5.63m 6m 6.2〜6.5m
高さ 1.5m 1.65m 1.65m
厚さ(胴体) 15mm 21mm 21mm
厚さ(底部) 18mm 28mm 28mm
重量 約2.2t 約3.2t 約3.35〜3.65t
材質 アルミ合金 アルミ合金 アルミ合金

金属検査(歴代共通)

全体
浸透探傷試験(PT検査)
溶接部
放射性透過試験(RT検査)

三代目鍋太郎モニュメント 完成予想イメージ

三代目鍋太郎モニュメント 完成予想イメージ

山形建築非鉄鋳物企業連合企業体とは?

山形県地場産業の育成・発展を目指し、県内市町村に指導を賜りながら装飾金物等をかなめとした共同受注を目的とした企業体。特に非鉄鋳物パネルや装飾等の分野では、全国に通ずる超一流のデザイナーが存在し、日々研鑽を続けている。

製造過程1
製造過程2
製造過程3
製造過程4

山形建築非鉄鋳物企業連合企業体の中鍋製作実績

製造年 地域 大鍋種類
平成13年 青森県むつ市 かさまい鍋
平成14年 宮崎県南郷村 トン汁鍋
平成16年 滋賀県蒲生町 芋煮鍋
平成20年 秋田県鹿角 芋煮鍋
平成22年 兵庫県小野市 芋煮鍋
平成26年 愛知県豊根村 芋煮鍋
平成26年 愛媛県四国中央市 芋煮鍋

「中鍋」の直径は2m

お問い合わせ

「日本一の鍋太郎 製作プロジェクト」に関してのお問合わせは下記の窓口で承っております。

山形商工会議所青年部 「日本一の鍋太郎 製作プロジェクト」事務局
〒990-0042 山形県山形市七日町3-1-9
023-622-0141
023-622-0146